03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
このブログについて。

タイトル:ひとりごと。~第5シーズン。(一冊目)
「二冊目に進む」ヾ('ー'*)

(動作確認環境)
Internet Explorer 7/8/9
Mozilla Fire Fox 3.6

偽ひとり暮らし完結
on 2012/03/31

書いてる人。


名前:氷室 唯(Yui_Himuro)
過去:活動してたキャラを参照。
生誕:19**/02/19
血液:O型
居住:羽田→510/千歳→801/那覇→611
(数値は各空港からのマイル距離)
趣味:航空機に乗って旅行!
呟き:Yui_Himuro(on Twitter)

活動してたキャラ

☆過去にプレイしたMMOキャラなど☆

ブログリング&趣味?

月別の過去ログ

カテゴリー

ブログ検索

最近の戯言。

最近のツッコミ(コメント)

FC2カウンター

著作権に関する記述。

・YG(ヨーグルティング)
©1997-2006 Neowiz Corporation.,All rights reserved. ©2006 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. 当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。 このページ内におけるヨーグルティングから転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元であるネオウィズ株式会社に帰属します。(C)2006 BROCCOLI/GungHo Online Entertainment,Inc./HEADLOCK Inc. 当コンテンツの再利用(再転載、再配布など)は禁止しております。

・LH(ルーセントハート)
©2008 Gamania Digital Entertainment Co., Ltd. All Rights Reserved. gamania is a registered trademark of Gamania Digital Entertainment Co., Ltd.

・Aion(タワーオブアイオン)
The Tower of AION(TM) is a trademark of NCsoft Corporation. Copyright (c) 2009 NCsoft Corporation. NC Japan K.K. was granted by NCsoft Corporation the right to publish, distribute and transmit The Tower of AION(TM) in Japan. All rights reserved

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Caution

2009.05.21 20:36|戯言。
さて、いよいよ裁判員制度がスタートしましたヽ(´ー`)ノ
選ばれてしまった人は、多少覚悟が必要になりますねv(私も含まれますがv)
私はこの制度は5年持たないんじゃないかと、思っています('ω')y-~~~
裁判官とか裁判長って高額な報酬をもらった上で、裁いてるわけなので実質的に
専門職といっても過言ではないと思います。
対する私たち一般人(私は一般人ではないですが)は、まず法律的知識はほとんどありませんし
裁判後も、身の安全は一切保障されませんし、審理に関しては生涯口外禁止と制約だらけです。
加えて有罪を下す場合、その量刑まで下すという、人の人生を大きく左右する
というわけで、私はこの裁判員制度はrubbishな制度だと宣言しておきます。
国民にこんなの押し付けること自体rubbishです。

さて裁判員制度自体は今日からスタートですが、実質的には7月あたりから本格的に
裁判員としての呼び出しが始まるらしいですが・・・。
もっとも、事件がないのが一番好ましいことなのですけど(ノω')

実は日本でもこの制度を予言していたような内容の映画が作られていました。
「12人の優しい日本人」という映画です。私も中学生時代に一度見てこの制度について知りました
ある事件に対して、事故か自殺か?そして事故なら有罪なのか無罪なのか?
決めることは数少ないですがなかなか、意見は一致しません。早く帰りたいから適当に決めようとする人
感情的にはじめから決め付けている人・常に多数のほうに行こうとする人・・・。
12人の個性あふれる人間模様がひとつの事件をさまざまな角度から検証させてくれます。

・・・が、この映画で取り上げられているのは陪審員制度なので「有罪」か「無罪」かを
決めるだけの内容ですが、12人のそれぞれの考えが複雑に絡み合い
まとまりかけた瞬間に、1人の発言で形勢が大逆転したりと、日本人らしい場面も繊細に
描かれていますv
興味ある方は一度見てみてはいかがでしょう~ヽ(´ー`)ノ


さて、少しというかかなりお話は変わりますが本日のもうひとつのコラムをお届けします。



ルーセントハートで、YG上での私のサブキャラと同じ名前の人が居たそうです。
複数の方から、お問い合わせをいただきましたが、私も驚きながらも
なんとも思っていませんでしたが、一部報道によりますと、悪意を持った人たちが
私のそのサブの名前を用いて何かしようとしているという報道がありましたが
それはないと私は思っています。

その方と、内緒にて会話する機会がありましたが、私たちとは無縁の方であると
いうことも判明しました。
この世界は、狭いもので名前が被ることは結構あるんだな~と思いました。
私はこの件については、まったく何も思っていません。
むしろ、ちょっと驚きのほうが多かったですね~。こんな名前とかぶる人居るんだ~
という、驚きのほうが大きかったです。

これ以上は触れませんが、冷静な対応も同時にお願いいたします。

コメント

全然関係ないけど、
にせなご、ってキャラ見かけたの思わずSSとりました。


裁判員制度、私は賛成です。
そもそも、裁判結果が一般の感覚から解離しているから、という世論を受けてできたのに、
いざ自分が選ばれて判断を下すとなれば、嫌だ、ってのは我侭もいい加減にしろ、って感じだと思います。

だから、やるべきです。

似たものキャラも

>>>那護美さん
いろいろなゲームを見てきましたが、名前も
被ることや似た名前ももう見慣れましたねv

裁判員制度についてですが、これはまた後日
ゆっくりと記述したい部分もあります。
確かに乖離している部分もありましたが
法の不整備の点も多かったのもまた事実です。

私のスタンス上、やるべきではないと思います。
必要ありません。
非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。